相模原市歯科医師会に入会しませんか?

お問合せ

後援等名義使用申請

相模原市市医師会会員専用ページ

こどものおやつについて

歯の豆知識

こどものおやつについて

 

こどものおやつは食事

子どもの小さな胃袋では、成長や運動量に見合うだけの食事を3回ではとることができないので、それ以外に食事が必要になります。そこで3時におやつを食べるわけですが...
現代のおやつ事情を思い浮かべてみると、スナック菓子・アイスクリーム・ハンバーガー・ケーキといったところではないでしょうか? おやつの選び方ひとつで食生活がみだれ、健康面からも肥満・ぜんそく・アトピー性皮膚炎など現代病を引き起こすのです。
ここで今一度、こどものおやつについて見直してみましょう。

 

おすすめは・おにぎり

おにぎり、もち、焼き・蒸かしいも、トウモロコシ
1)デンプン質を多く含みおなかを満たす。
2)素材そのものの甘みがある。

 

おすすめ おにぎり
もち(できれば玄米もち)、焼き・蒸かしいも(じゃがいも・さつまいも・黒いもなど)トウモロコシ、干しいも、小麦粉を使ったもの(お焼きなど)
せんべい(ただし揚げてないもの)、パン(全粒粉・無糖)
楽しみ限度に 豆類(炒り豆)、種実類(栗・甘栗・ぎんなん・くるみ・ピーナッツなど)
ドライフルーツ(柿・ぶどう・プルーン・いちじくなど)
果物(国産のものにしたい)
まれにしたい 和菓子(まんじゅう・大福・羊かんなど)、あめ、パン(市販)、たこ焼き
避けたい 洋菓子(クッキー・ケーキ・プリン・チョコレートなど)、菓子パン、ガム、スナック菓子
絶対に避けたい 乳酸菌飲料、清涼飲料水、炭酸飲料水、アイスクリーム

※表下に進むほど砂糖を多く含む。おやつの見直しは、体にも歯にも良いのです。

 

スナック菓子、アイスクリーム、ケーキ
軽いのでおなかが満たされず、満たそうとだらだら食いをしてしまい、結果、夕食が入らないのです。
また、このような食物は加工物がほとんどで、最初から味がありあまりかみません。
お父さん、お母さんの子どもの頃のおやつやおじいさん、おばあさんが与えてくれたおやつをヒントに。
...あの頃はこんな病気も少なかったはず...

 

(社)相模原歯科医師会 地域歯科保健委員会
<お問い合わせ先>
(社)相模原歯科医師会 電話 042-756-1501


歯の豆知識タイトル一覧へ

トップへ